スタート学年ごとの戦略の立て方 その2.中学生編

在籍している中学によって戦略は異なる。

 

普通の公立中学校にいる場合

この場合には、「総論 その1」に書いたように、東大合格者を多数輩出している学校に入れそうなら高校からでも入る。差がつくのは地頭によってではない、環境によってだ。このことは常に肝に銘じておいてほしい。そして、塾に通えないとか、近隣にいい中高一貫校がない人の場合は、高校受験に向けて常に準備を怠らないことが大事だ。学区制採用地域に澄んでいる場合、学区の中で一番偏差値の高い高校に入ること。これは絶対条件となる。もしも学区制がない地域にいるならば、東京の上位公立高校(都立西高校や都立日比谷高校など)や上位私立中高一貫校(開成高校など)を受験することを積極的に考えるべきだ。面倒だからといって今検討を怠れば、大学受験がその分大変になるだけだ。自分の人生なのだから、人任せにせず、積極的に情報を収集しよう。
いわゆる名門の中高一貫校にいる場合

この場合には簡単。学年内での自分の順位をしっかりキープし、自校の東大合格者輩出数の平均値よりも上にいることを心がける。中だるみしてしまいがちだが、一発逆転を狙うのは得策ではない。ただでさえ親に公立学校に行くよりも大きな負担をかけているのだから、現役できっちり合格してしまおう。

 

どちらとも言えない微妙なランクの学校にいる場合

最近増えているのがこのタイプの中高一貫校だ。首都圏にあり、新興で頑張っているが、どうしても開成や灘、筑駒などの名門校には及ばず、わずかに公立の浦和高校や岡崎高校などとしのぎを削っているくらいのレベルの学校のことである。こうした学校では基本的にスパルタ教育によってひたすら勉強をさせる傾向にある。部活の活動時間は削られ、課題は多い。この場合、やり方は2つ有る。
一つには、完全に学校に沿って勉強する方法。これが一番楽だろうが、注意しないといけないのは、常にかなりの上位をキープする必要があるということだ。こうした学校では下のレベルはかなり低い傾向にある。彼らと戯れているようでは東大合格は不可能。常に先生のお気に入りになるくらいのレベルで完ぺきに課題をこなし、授業についていき、定期テストでクラス1番か2番をとり続けることだ。そうすればギリギリで波に乗り、東大にすべるこむことは十分に可能である。なにせこうした学校は腐っても中高一貫校である。
2つには、完全に学校を無視し、自分で参考書を選ぶか塾(予備校)の指示に従って受験計画を立てる方法だ。こちらは一つ目の方法が不可能な場合にのみ実行してほしい。学校の教師というのはつまらないプライドを持っているもので、学校よりも塾を信用する生徒に我慢ならない。よって、様々な形で圧力が加えられることだろう。最終的にどっちつかずになって成績も伸びず、というのでは話にならない。この場合には強い決意を持って望んでほしい。更に、塾(予備校)の選び方も大事になってくる。基本的には実績だけを見て、東大合格者を多数輩出している予備校の、東大合格者を多数輩出している校舎を選べば問題ない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>